▼ 商品検索


同じ滋賀県内のギター工房です。
エレキギターの修理で
大変お世話になってます。


業界では有名なギター工房です。
アコースティックギターの修理を
お願いしてます。


愛媛県にあるアンプ修理工房です。
ローランドJCなどのトランジスタアンプの修理で大変お世話になってます。


管楽器のリペア専門店です。
当店に入荷した管楽器は全てこちらで
オーバーホールしていただいています。


ロトミュージックはデジマートに出店中!滋賀から全国に、ギターなど中古楽器の買取や販売をさせていただだいてます!

▼ 【中古】Gibson SG Standard 1974



各画像にマウスを乗せると上の画像が切り替わります。

現行モデルとは一味違う70年代前半のギブソン・SGスタンダードが入荷!!

70年代のSGスタンダードが入荷しました。

ポットデイトに74年の表記がございますため、74年製と推定しております。

エボニー指板、ワイドトラベラーブリッジ、グローバーチューリップチューナー、西ドイツ・ERO社製コンデンサーなど、70年代前半の特徴が色濃く残っております。

ピックアップはオリジナルのスーパーハムバッカー(Super Humbucker Tar Back)を搭載。
裏がエポキシで固められたこのピックアップは、1972年からGibson社の設計担当として契約しのちに世界的ピックアップデザイナーとなったBill Lawrence(ビル・ローレンス)が主導で開発し、DiMarzio社の創業者 Larry DiMarzio(ラリー・ディマジオ)もそのプロジェクトに携わったとされる名機です。

元々のカラーはチェリーですが、経年により赤味が大分抜けております。(特にトップ面)

経年の使用感はございますが、各パーツも動作良好、まだまだ現役でご使用いただけます。

60年代や現行モデルと違い、ネックがボディに深くジョイントされ、Gibson標準スケールながら全長をコンパクトに抑えることで、細身のネックも相まって大変弾きやすく、近年再評価されている70年代SGスタンダード。

重量も約3.0圓之變漫▲凜ンテージながら扱いやすい1本です。


お問い合わせはsupport@rotomusic.jpまたはTEL:0748-26-4381までお気軽にどうぞ。


ブランド:Gibson
状態:B+:通常使用する用途において問題なし
フレット数:22フレット
重量:約3.0kg
ボディ材:マホガニー
指板材:エボニー
ネックジョイント:セットネック
ネック材:マホガニー
製造年:1974年
付属品:純正ハードケース(キズ多数・内側破れあり。縫い合わせ部分が剥がれております。おまけ程度とお考えください)


長年にわたるご使用により、全体的にキズが多数、バックにはバックルキズに伴う塗装剥げがございます。詳しくはお手数をおかけしますが、リンク先公式サイトの詳細写真をご確認ください)
経年によって、変色やパーツの錆、ヘッド裏及びネックヒール部の継ぎ目に若干段差が生じております。

ネック裏の継ぎ目には段差はございませんが、細かい凹みや小キズが少々見受けられます。
また、ネック裏とボディエンド部にラッカーによるスタンド負けが表面にうっすらございます。

ナットはオリジナルかと思われますが、再接着されております。

長年のご使用に伴いフレットに減りが見られますが、減っている箇所でも8割ほどの残りがございます。
ネックは概ね真っすぐの状態で、あまり使用することのない低音弦のハイフレット(17フレット以降)はビビりが目立ちますが、それ以外はフレットもバランスよく減っており、またフレットの高さを揃えるため一部擦り合わせを致しておりますため、特にビビりが目立つポジションはございません。

電装関係も良好に動作しております。

詳細写真はこちらでご確認願います。
(お手数ですがクリックしていただき、別ウインドウでご確認お願い致します。)




・ 販売価格

完売しました。
ありがとうございます。

SOLD OUT
こちらと同じモデルの売却をご検討のお客様は、
高価買取させていただきますので
お気軽にご相談くださいませ。
お問い合わせはこちら
ご注文の際、下取りご希望のお品がございましたら、ショッピングカート内の【配送設定の入力】ページにございます備考欄に下取り希望とご入力いただき、こちらのフォームから下取りご希望のお品をご入力願います。
下取りの場合、通常お買取査定から10%UPさせていただきますので、大変お得です!

  • 買い物を続ける
  • この商品について問い合わせる
  • この商品を友達に教える
  •